咽頭感染に注意

drugs

淋病にならないためにも、感染経路について詳しく知っておきましょう。淋病は感染経路について正しい知識がないゆえに苦しむ人が非常に多い病気です。
淋病は性病と言われるだけあって、感染経路は主にセックスです。粘膜に菌が付着することによって感染がおこるので、時には便器やタオルから感染することもあります。
ただ、淋菌はかなり感染力が弱い菌で、粘膜から離れるとすぐに死んでしまいます。このことから便器などで感染する可能性は非常に低く、粘膜が直接触れ合うセックスの際に感染する危険がかなり高いといえるのです。
セックスでの感染はコンドームの着用で防ぐことができますので、コンドームを着用するセックスを心がければ感染のリスクはかなり低くなります。

気を付けていただきたいのは、咽頭への感染についてです。実は淋病は咽頭にも感染する病気で、咽頭からの感染例が後を絶ちません。
たとえセックスの際にコンドームを着用するとしても、オーラルセックス時にコンドームを着用する方はほとんどいないのではないのかと思います。
この咽頭への感染がきっかけになって淋病患者がかなり増えていますので、完全に感染を避けたいのであればオーラルセックス時にもコンドームの着用を徹底しましょう。
ちなみに淋菌が咽頭に感染した場合は、のどの痛みなどの症状が出ますが、多くの場合は風邪で片付けられてしまいます。体調が悪い際はオーラルセックスを避けるのが無難かもしれませんね。
咽頭感染にも注意しておくことで、淋病のリスクはかなり下げることができますので、覚えておきましょう。

Copyright © 2016 男性に猛威をふるう恐ろしい淋病について~予防と治療について~ . Design by www.alltemplateneeds.com .