淋病の恐怖

pills

淋病は男性側に圧倒的に多い性病の一つです。感染者数の8割が男性と言われていますので、男性は特に注意してください。
実はこの感染率は、男女の症状の差が大きく関係しています。淋病は男性側には激しい痛みを伴う症状が現れるのですが、女性側にはあまり症状が出ません。女性は淋菌に感染しないというよりは、感染の自覚がないことが多いのです。
その結果、感染に気付かずにセックスを行い、男性に移してしまうことになります。女性も決して無関係ではなく、常に淋病について注意しておくのが良いでしょう。

実際に淋病でどのような症状が現れるのかということですが、男性には強い痛みを伴う尿道炎が生じ、尿道から膿が出ることもあります。発熱などの症状がみられることもあり、とにかくつらい内容になっています。
対して女性側の症状は完全に無症状であったり、おりものの量が少し増える程度のものになっています。このような症状なので、感染していることに全く気付かない女性が多いです。
ただ、女性の淋病は症状が悪化することで不妊の原因になる可能性がありますので、ある意味では男性よりも恐ろしいといえます。
男性の淋病は症状が現れるので発覚しやすいのですが、女性の淋病は気付いた時には手遅れになっている場合や、男性を苦しめていることが非常に多いのです。
そういったことにならないためにも、女性は定期的に性病の検査を行うことをお勧めします。できればパートナーの男性も一緒に検査を行うとよいでしょう。
定期的に検査を行いつつ、自分の体調の繁華に敏感に反応することが重要だといえます。

Copyright © 2016 男性に猛威をふるう恐ろしい淋病について~予防と治療について~ . Design by www.alltemplateneeds.com .